ティマル TIMARUとオマル OAMARU

ティマル

ティマル

南島の東海岸のクライストチャーチとダニーデンの中間に位置するティマルは、1838年ごろ捕鯨船舶の基地として始りイギリスから120人の入植者が入港して1868年に自治区として町の歴史が始まりました。今では、南島中央部の5つのスキーリゾートへの玄関口となっています。

  • 人口4万2千人
  • クライストチャーチまで164km、ダニーデンまで201km
  • オマル

    オマルは、町内の多くの建物がライムストーンから造られていることからホワイトストーン・シティと呼ばれています。この町で観察できるブルーペンギンは、世界最小身長わずか25cmの種類です。

    • 人口1万2千人
    • ティマルまで84km車で1時間 ダニーデンから119km車で1時間半
     
    ▲ページトップ