語学留学

ドミニオン・イングリッシュ・スクール‐オークランド

ニュージーランドは、英語を公用語として高度な教育システムを取り入れた国です。治安の良さと優れた教育環境により、世界各国の留学生から高い評価を受けています。この国では、イギリスや日本での教師経験を持つニュージーランド人のみならず北米、イギリス出身の教師達が教壇に立つ国際色豊かな語学学校が多く、ニュージーランドを含む英語圏で開発された英語教育理論やカリキュラムは、世界中の教育機関で取り入れられています。全ての学校がホームステイを手配し、生徒達が一日も早く英語に馴れニュージーランド人の生活習慣を学ぶ機会が与えられます。語学学校は、ニュージーランド各地で運営されていますので、生徒達は希望の環境に合った学校を選ぶことができます。修学期間が3ヶ月以内であれば、学生ビザの取得は免除され観光ビザでも受講出来ます。30歳以下の方は、ワーキングホリデービザで最長6ヶ月まで修学出来ます。一般英語コースは、毎週月曜日がコース開始日となり通常最低2週間の入学期間が必要です。
ニュージーランド政府より、海外からの留学生は学校、コースタイプ、コース期間にかかわらず留学生保険への加入が義務付けられています。当社のすすめるニュージーランド政府の服務規定を満たした海外旅行保険をご覧ください。

入学基準

入学最少年齢は学校により異なりますが、どの学校も入学の年齢上限は設けていません。一般英語コース以外では、殆ど入学英語レベルが中級以上とされています。

修了証

英語学校では通常学位は取得できませんが、修了証(Certificate)が授与されるサーティフィケート・コースを提供してる学校があります。国の認可を受けたNZQA認可コースを修了した場合は、国家認定の修了証が授与されますが、認可されていないコースを修了した場合は、その学校独自の修了証となります。

授業料

学校により多少の差がありますが、フルタイムコースで週NZ$400前後、パートタイムコースで週NZ$300前後が平均的な料金となっています。授業料において、公立校と私立校との差はありませんが、小規模な私立校が低価格な授業料を特別に随時オファーしている傾向にあります。

クラス別け

生徒はコース開始前に英語レベルの評価テストを行い、その結果によりクラス別けがされます。クラスは初級から上級まで以下のように分かれています。

Beginner 初心者 Elementary 初級 Pre-Intermediate 準中級 Lower-Intermediate 初中級
Intermediate 中級 Upper-Intermediate 上中級 Post-Intermediate 準上級 Advanced 上級

主なコース内容

  • 一般/集中英語コース General/Intensive Course 文法から会話まで幅広く英語を学びます。ワーキングホリデー及び、初級英語レベルの方はこのコースをおすすめします。
  • 英語検定試験準備コース IELTS, Cambrigde Examinations, TOEFL, TOEIC試験の受験希望者を対象にした試験対策コース。
  • アクティビティコース 午前中は一般英語を受講し、午後はスポーツや体験訪問等の色々なアクティビティをとり入れ、英語を楽しく学ぶコースです。殆どの学校は、アクティビティコースとは別に金曜日の午後と週末に自由参加のアクティビティを用意しています。
  • ビジネスコース 英語環境の企業に就職を希望している生徒の為に、コンピュータの基礎からビジネスレターまでビジネスに不可欠な基本的な英語スキルを実践的に学びます。
  • 進学アカデミックコース English for Academic Purposes (EAP) ニュージーランドの高校や高等教育機関への進学希望者の為のコース。
  • 英語教師育成コース 児童英語教師と外国人生徒の為の英語教師育成コースとがあります。
  • インターン/ボランティアコース 一般英語コースと介護施設や保育園などでインターンボランティア・アシスタントとしての実務経験が出来るプログラム。中級レベル以上の英語が必要です。
  • ジュニアコース 小中学生を対象に英語とアクティビティを組み合わせたコース。学校により、地元の学校でニュージーランド人生徒に混じって授業を受けるコースもあります。
  • シニアコース 高年齢者の為のコースで午前中は英語、午後は体験訪問や小旅行などのアクティビティが組み合わされています。

NZQA ニュージーランド資格審査局

NZQAはNew Zealand Qualifications Authorityの略です。このニュージーランド政府資格局は、学校のコース内容が政府の定める基準に達しているかどうかを審査します。このNZQAの認定を受けている学校とそうでない学校がありますが、3ヶ月以上のフルタイムの修学を予定している方は、学生ビザ申請の際にNZQA認定校の入学許可書が必要になります。

 
▲ページトップ