ニュージーランド情報

概要

ニュージーランドは、日本から南へ直行便で約10時間のおよそ9000km彼方の南太平洋に位置し、国は南北に大きな二つの島、北島と南島、そしてそれを囲むいくつもの小さな島々からなっています。北島は丘陵地帯、南島は山脈地帯に覆われ、総面積の約268000平方kmは北海道を除いた日本の面積とほぼ同じです。各地で温泉が湧き日本と同じ火山国であることがわかります。 このニュージーランドは、もともと鳥の天敵となる四足動物が生存していなかったため翼が退化し飛べなくなった鳥が多く住んでいます。その代表となるのが国鳥“キウィ”で、ニュージーランド人のニックネーム“キウィ”はここから由来しています。

歴史

今からおよそ1000年前に、ポリネシア人達がタヒチの周辺の島々からニュージーランドの北島に移住し始めました。彼らがこの国の先住民族マオリ人の祖先です。彼らの言い伝えによると、タヒチの南に位置していた彼らの故郷ハワイキを後に、一人の男とその妻が星を頼りに航海用のカヌーで長い航海の末、この新天地アオテアロア(マオリ語で“長く白い雲がたなびく地”)に辿り着きました。彼が伝説の人“クペ”です。彼の発見により、この国のマオリ人の歴史が始まります。後のヨーロッパ人の歴史は、1642年にオランダ人アベル・タスマンがこの国へ寄港したのが始まりです。その時、彼の部下がボートで上陸を試みた際、土地のマオリ人の襲撃に遭い、数人の部下が殺されてしまいました。その結果、アベル・タスマンはこの地に一度も足を踏み入れずに去ってしまいましたが、彼がこの地をオランダ語で“ニュージーランド”と命名したのが国名の始まりと言われています。それから約一世紀後の1769年に、イギリス人探検家キャプテン、ジェームスクックによりこの国が再発見され、これを機にイギリス人の移民が始まります。その後、マオリ人同士の部族間やマオリ人とイギリス人との幾度にわたる戦争の末、1840年に両者の間で初めて“ワイタンギ条約”が調印され、ニュージーランドは正式にイギリスの統治国となりました。

物価

日本とそれほど変わりませんがスーパーでの特に食料品は安めです。衣料品は、質の割には高めですので日本からお持ちになるよう心がけてください。

シェア、アパート賃貸については、宿泊先をご覧ください。

物価
カフェでのコーヒー 1カップ $4.00
食パン 700g $4.00~
ミルク 1リットル $2.50
お米 1kg $3.75
バナナ 1kg $3.00~
サーロインステーキ 1kg $30.00~
卵 1ダース $3.80~

大手スーパーcountdown New World の食料品のプライスを参考にしてください。

物品サービス税

金融機関のサービス以外には、15%のG.S.T(Goods and Services Tax)と言う消費税がほとんどのものに含まれています。

インターネット

二股プラグ三股プラグ

主要都市や観光地の至る所でWi-Fiが利用でき、多くのカフェでも同様に利用できます。モービルコンピュータは、海外で使用できる240ボルトの電圧対応デザインになっているため、ニュージーランドの電気プラグ用に変換アダプターを装着するだけで使用できます。ニュージーランド用のアダプターは、日本で入手できますが、この国の電気店でも安く購入できます。

プリペイド式スマホ

日本で契約したスマホや携帯電話をそのままニュージーランド国内で使用すると全てローミング扱いとなり、多額の通話料金を請求されます。短期滞在やワーキングホリデーの方がニュージーランド国内の電話会社と通常の加入契約をする場合は、契約内容上、料金高になってしまいます。従いまして、こちらでプリペイドのSIMカード$30前後を購入して、安価なスマホ($100以下)で使用することをおすすめいたします。simロック解除された日本市場用のスマホをこちらで購入したsimカードで使っている方もいます。機種によるかと思いますが、お持ちになり試されては如何でしょうか?

 
▲ページトップ