ワーキングホリデーの手順

住民票のある都道府県のパスポートセンターにてパスポート申請:
ニュージーランド滞在が1年未満の予定であっても、ビザ申請にて申告するニュージーランドへの渡航予定日から1年3ヶ月以上の残存期間のあるものが必要です。
日本出国2ヶ月前‐オンラインビザ申請:
ワーキングホリデービザ申請見本を参考に申請。または、弊社サービスワーキングホリデービザ申請代行お申し込みをご利用ください。
旅行代理店にて出発日の予約:
H.I.Sなどの大手格安旅行代理店の航空券の価格を比較して購入してください。
日本出国1ヶ月以上前-語学学校の入学お申し込み:
ニュージーランド語学学校一覧をご覧ください。 英語の上達は個人差がありますが、1ヶ月目でヒヤリングができ、2ヶ月目で簡単な会話、そして3ヶ月目で自分の意思が伝えられるようになりますので3ヶ月位のお申し込みをおすすめいたします。全ての語学学校のコース開始日は、毎週月曜日となっています。
語学学校手配のホームステイをご利用にならない方は、宿泊先の予約:
12月~2月の間は、ホリデーシーズンですので早期の宿泊施設の予約が必要です。バックパッカーズとホステル‐リスト
運転免許証の申請:
必要であれば、国際運転免許証を各地の運転免許センターで申請。または、ニュージーランド国内の運転免許証センターにて日本の運転免許証を変更申請することにより、最高12ヶ月間まで利用できます。
トラベラーズチェックの購入 または送金
海外旅行保険加入:
外国人旅行者は、医療費を全額負担しなければなりませんのでニュージーランドの格安保険会社、ユニケア保険に加入して出国して下さい。また、ニュージーランド政府によりコース期間、コース内容に関わらずワーキングホリデーを含む外国人留学生は、学校入学期間中、保険の加入が義務付けられています。
日本出国:
 
▲ページトップ